注文住宅を建てる際の準備から完成までの流れ

注文住宅を建てる際は、どんな家を建てたいのかイメージして予算を立てることから始まります。そして土地を探して着工、住宅が完成したら引き渡しです。ただし、実際にはもっといろいろなプロセスがあり、知っておくと良いこともあります。ここでは引き渡しまでの大まかな流れと知っておくと役立つことについて説明します。

注文住宅は譲れない条件を決めてから資金計画を立てる

注文住宅では、施主の希望に合わせて、内容を色々と変えることができます。そして、内容次第では、費用が高額になってしまう恐れがあります。したがって、まずは予算のことを考えなければなりません。よくあるの…

土地探しと並行して施工会社を探すことが条件の良い土地を探すポイント

自分の理想の家を建てる夢を実現できる注文住宅において重要なポイントとなるのが土地探しと家を建設する施工会社選びです。注文住宅を建てるにあたって先に土地を探してから施工会社を選ぶという流れを取る人も…

着工前後にやることと竣工・引き渡しまでの流れ

注文住宅を購入するにあたっては住宅の情報収集や資金計画、ハウスメーカーなどの契約締結を経て着工になります。着工前にやることは、さまざまな打ち合わせです。定例的な打ち合わせのルール決めから始まり着工…

自由な間取りが作れる注文住宅

注文住宅は部屋の間取りや壁の色など、住む人の好みを反映しやすく、オーダー仕様に仕上げることが可能です。

間取りを考えるときに知っておくと役立つポイント

注文住宅を建てるとき、どんな間取りにするかは大きな関心事です。プランニングするときは現在の家族構成や、将来、子供達が成長したときのことを考えて決めますが、これらの他にも知っておくと良いポイントがいくつかあります。家族全員が毎日を快適に暮らせるよう押えておいて良かった思えるようなポイントを紹介します。

間取りは空気循環を考えて窓の配置を決める

採光や風通しを考え、間取りの上で窓の位置をしっかりと考える人が多いです。部屋に設置すべき窓の数は、2つ以上が最適。1つの窓だけだと、入ってきた空気がうまく循環しないため、対角線上に窓を2箇所設置し…

毎日の生活導線を考えた間取りにする

暮らしやすい注文住宅を建てるには、家の大きさに関わらず生活動線を考慮しながら間取りを決める事が大切と言われています。生活動線とは食事やトイレ、入浴など日常生活における動きを線で表現したものです。毎…

駐車場や外構デザインも忘れずにおこなう

駐車場付きの一戸建て住宅を建築する際には、自動車の扱いに困らない設計を意識して駐車場を作らなければいけません。屋根が付いている駐車場を作らないと雨水が原因で車体が汚れて、洗車の回数が増えてストレス…