注文住宅は譲れない条件を決めてから資金計画を立てる

納得するためには譲れない条件を満たすことが大事

注文住宅では、施主の希望に合わせて、内容を色々と変えることができます。そして、内容次第では、費用が高額になってしまう恐れがあります。したがって、まずは予算のことを考えなければなりません。よくあるのが、希望通りに要素を追加しすぎた結果、到底実現できないような高額になるパターンです。そのようなことになると、計画を考え直さなければならなくなります。そのため、どうしても譲れない条件に絞り込んだ上で、それが予算内に収まるように資金計画を立てていきましょう。ある程度自由に内容を決められる注文住宅でも、妥協をしなければならない可能性は高いです。しかし、譲れない条件が満たされていると、妥協をしたとしても納得はしやすいです。

後から調整しようとすると大事な部分を省いてしまう恐れがある

注文住宅では、予算オーバーになってしまった際、後から色々な要素を省いて調整するということがよくあります。その際に、特に何も考えずに調整すると、譲れない大事な部分を省いてしまう恐れがあります。そのようなことにならないために、まずは譲れない部分だけは予算内に収まるようにしておきましょう。そこから、色々な要素を付け足していく形にすると良いです。予算オーバーで色々と省かなければならなくなったとしても、後から付け足した重要度の低い部分を取り除いていくようにすれば、あらかじめ予算内に収まっている譲れない部分だけは残ります。譲れない部分と重要度が低い部分を明確に分けていると、うっかり譲れない部分を省いてしまうこともないでしょう。

分譲住宅を購入するメリットのひとつには、購入前に実物を確認できるということがあります。収納スペースや使い勝手、日当たり、生活環境などチェックして納得してから買うことができます。