毎日の生活導線を考えた間取りにする

家事に関する生活動線を考慮した間取りとは

暮らしやすい注文住宅を建てるには、家の大きさに関わらず生活動線を考慮しながら間取りを決める事が大切と言われています。生活動線とは食事やトイレ、入浴など日常生活における動きを線で表現したものです。毎日を便利かつ快適に暮らせるような間取りにするには、いくつかのポイントがあります。例えばキッチンの場合、玄関から遠くにあると、食材を購入する度に買い物袋をキッチンまで運ぶのは大変です。そのため、このようなケースの場合は、キッチンの近くに勝手口を設けておくと便利です。また家事を行う場所は、なるべく一つに集約できるよう配慮する事も大切と言えます。洗濯する場合、洗濯物を洗ってから干し、収納するまで一ヶ所で完結できるような間取りにすると効率良く家事ができるでしょう。

水回りの生活動線を考慮した間取りにする際のポイントとは

バスルームや洗面所、トイレといった衛生に関する生活動線を考慮した間取りにするためのポイントもいくつかあります。例えばバスルームや洗面所は、お互いの場所が近くにあるような間取りにしておくと便利かつ効率的に動くことができます。特に家族が多い家庭の場合、洗面所やバスルーム周辺が混雑していると、それだけでストレスを感じてしまう可能性があります。そのため、洗面所やバスルームは家族の人数に合わせた生活動線を考えて間取りを設計する事が大切です。一方、トイレの場合、高齢者がいるのであればトイレにすぐに行けるよう寝室の近くに設置しておくなど、それぞれの家庭の事情に合わせてトイレの配置を検討するのが良いでしょう。

建売住宅は、プロの建築家が住みやすさ重視で設計しているため安心して住めます。また、住宅の相場が事前に決められているため購入しやすいです。