間取りは空気循環を考えて窓の配置を決める

部屋に設置すべき窓の数とは?

採光や風通しを考え、間取りの上で窓の位置をしっかりと考える人が多いです。部屋に設置すべき窓の数は、2つ以上が最適。1つの窓だけだと、入ってきた空気がうまく循環しないため、対角線上に窓を2箇所設置して空気がうまく流れるようにするのがよいでしょう。大きな窓を設置するのが防犯上やプライバシーの観点から難しいケースも多くあります。その場合には、風を取り込むことができる細長い小さな窓をつけると、人が窓から侵入できず、部屋の中も見られないというメリットだけでなく、開けておくことでいつでも新しい空気を部屋に循環させられるというのが最大のメリットです。風通しを良くするたけで、エアコン費の節約や湿気の防止にも役立ちます。

部屋に設置する窓の位置

窓の位置を決める時に方角が気になるという人も多いのではないでしょうか。一般的には南は最も日が当たりやすいため、南側に大きめの窓を取り付け、その対角線上である北側にも窓をつけることが多いです。建物が建っている方角や周囲の建物との兼ね合いもありますので、専門家と相談して決めましょう。夏になると南から風が吹き、冬は反対の北側から風が吹きます。南北で窓を設置することが理想ですが、東西でも風を取り込むことはできるため、状況に応じて工夫してください。東西の場合には、東側を大きめにし西側を小さめにすると、朝日の採光がしっかりできると同時に、西日を防ぐのに役立ちます。小窓などを取り入れると、部屋の明るさアップにつながるでしょう。

新築一戸建てには、注文住宅と建売住宅があります。内装や間取りの設計段階から関わりたい場合は、注文住宅を選びます。